西山技研は、二輪・四輪自動車の開発部品・試作部品を主に製造するメーカーです。

一般的な量産部品の部品工場とは異なり、ご注文のほとんどが多品種・少量生産であり、この世に初めて生み出されるオーダーメイド品となります。お客様の様々なご要望にお応えするため、最新鋭の設備投資と職人技術の維持・向上に力を入れています。


会社概要

社名(商号)株式会社 西山技研
会社外観
設立1987 (昭和62) 年10月
所在地〒437-0064 静岡県袋井市川井1360-4 [Googleマップ]
TEL0538-42-7013
FAX0538-43-0384
WEBサイトhttp://nishiyama-group.com/
資本金1,000万円
従業員数 27
事業内容 二輪・四輪自動車の開発部品・試作部品製造
二輪・四輪自動車部品の少量生産
主要顧客 国内二輪・四輪自動車メーカー様および部品・金型メーカー様
海外二輪・四輪自動車メーカー様
樹脂部品メーカーおよび加工メーカー様
認証取得 JIS Q 9001:2008 / ISO 9001:2008

関連会社株式会社 西山板金工業

沿革

1976 (昭和51) 年 3月西山隆 が静岡県浜松市篠原町 (現・浜松市西区篠原町) にて個人創業
1982 (昭和57) 年 3月 業務拡大のため、静岡県袋井市川井1363-5 (現在地) に工場拡張移転
1983 (昭和58) 年 6月 法人改組により、有限会社 西山板金工業所 (資本金:300万円) と社名変更
1987 (昭和62) 年 10月 株式会社 西山技研 (資本金:1000万円) を設立
1990 (平成2) 年 5月 西山板金工業所 第二工場 (鋳造・プレス型製作) を建設、鋳造からの製造工程を抱える総合試作
メーカーとしての発展を目指す
2005 (平成16) 年 6月 西山板金工業所 南工場を建設、溶接・アセンブリ・検査業務を拡大
2007 (平成19) 年 1月 有限会社 西山板金工業所から 株式会社 西山板金工業 に社名を変更、資本金1000万円に増資
2010 (平成22) 年 10月 西山技研 代表取締役会長に 西山隆、代表取締役社長に 西山広明 が就任
2011 (平成23) 年 1月 西山板金工業・西山技研、JIS Q 9001:2008 / ISO 9001:2008 の認証を取得
2012(平成24) 年 12月 西山板金工業、5軸マシニングセンタおよび門型三次元測定器を導入
プレス板金部品に加え、切削部品加工への業務拡大を行う
2015(平成27) 年 5月 西山技研 東工場を建設、レーザー加工・マシニング加工の業務を拡大